第6回 『地粉うどん店 わだち草』


『地粉うどん店 わだち草」 原田健次

『一杯のうどんからほんとうの食のあり方を学びます』

感動の出逢いでした。「おいしく、体にやさしく、エコな店」スローフード、有機農業、エコロジー、そして、自らも耕す料理人である、原田健次さん。
自家栽培の無農薬小麦と農林61号小麦(群馬県)を合わせて打つ、国内産小麦100%の地粉うどん店です。
日本のうどんの小麦は、92%が外国産の小麦を使っています。外国産の小麦は、農薬を大量に使用し、体に良いはずがない。国内産の小麦にこだわって、ほんとうの小麦の旨さをうどんで楽しむ店が「わだち草」です。だしもこだわります。塩は伊豆大島の自然海塩。醤油は国内産大豆2年熟成。
みりんは、3年熟成本みりん。瀬戸内海のいりこ、北海道の昆布など、9種類からだしを取り、深みがありながら、すっきりとしたうまいだしです。
ご主人のこだわりスローフード。じっくりと時間と手間をかけて作る昔ながらの醤油や塩など、ほんとうにおいしい伝統の食材が失われつつあります。
良い食べ物を作るには、時間と手間がかかるのが当然。
添加物や農薬などに頼れば安定して低価格のものが出来ますが、美味しさでは、到底かないませんし、安全性にも疑問が残ります。
食べ物は「早く、安く」を基準に作るものではなく、「美味しくて体に良い」を基準に作られるはずのものです。ご主人はスローフード食品、出来る限り農薬を使わない有機農業を応援しておられます。そして、うどんから広がるエコロジー、割り箸でなく、洗い箸を、エコ電球、天ぷら油で石けん、生ゴミの堆肥化、暖房便座をやめる、などそして、更に毎日三次から1時間かけての自転車と電車でエコ通勤、「良い素材は環境から」エコにもこだわっておられます。
メニューは、地粉うどん、揚げもちうどん、海老天うどん、ぶっかけうどん、ざるうどん、など、ランチセットのサラダやおむすびもおいしい。和風デザートも充実。甘さひかえめの「くるみきんつば」と「雑穀コーヒー」のセットが最高です。
私、一番のおすすめうどんは、「ざるうどん」。
うどんの歯ごたえ、噛むほどに地粉の風味を味わえる。そして、ご主人の腕と素材の力も味わえます。
みなさんも感動のざるうどんに出逢いにぜひお出かけけください。心も体も穏やかな笑顔になります。

地粉うどん店 『わだち草』 ◆ホームページ ◆地図
広島市安佐北区落合5-3-17
TEL 082-845-6501
営業時間
平日 昼 11:00~15:30(昼のみ営業)
土日祝 昼 11:00~15:30 夜 17:00~20:30
定休日 木曜日

2009年04月18日

第5回 四季乃家『彩蔵(あやぐら)』-山本聖介(要予約)


『素材にこだわる料理人が造る懐石料理は自然の恵みがいっぱいです』

中国道千代田インターで降り、国道を浜田方面へ約8分、どんどん町から離れていく。え、こんな場所にお店が本当にあるのと心配していましたが、浜田道の高架下、立派な一軒家がお店である。
玄関までは、石畳。庭には池。鯉も泳いでいる。奥様が笑顔で迎えてくれました。
和室での食事です。この店の素材は魚は浜田から、広島市場、関西からも。野菜、鳥、牛乳などは地物中心に仕入れをされています。この日の料理は地物松茸がどっさりでした。土瓶蒸し、松茸ごはん。
前菜の鯖寿し、刺身の鮮度も良かったし、牛肉のステーキもやわらかくて、とってもおいしかったです。量もたくさんあって、心もおなかも幸せになりました。また、ご主人は焼酎好きで、種類は豊富です。私も今回は焼酎をいただきました。
素材にこだわるご主人は、例えば、シャモは地物を、牛乳は島根より自然放牧牛乳を、モロコは、清流ホンモロコを鳥取県から。生産者から直接仕入れる本物の素材を料理する。だからうまい。
自然の恵みがいっぱいの料理を食べにあなたも出かけてみては。心もおなかも幸せになれます。

四季乃家『彩蔵(あやぐら)』-山本聖介(要予約) ◆地図
山県郡北広島町蔵迫258-1
TEL 0826-72-6361

2009年01月12日

第4回 『竹寿司』  


「この道一筋の鮨職人がにぎった寿司は
      ふわっと幸せを感じさせてくれます。」

入口には堀があり、高級店の雰囲気。
坪庭もあり、しっとりとした玄関である。
玄関を入ると、御主人の竹内さんと奥様が迎えてくれました。
御主人のねじりはちまきがとってもいきである。
お店は夫婦二人でやっておられます。
カウンター8席と小上り席。
メインのカウンターは立派な造りです。
ネタケースが一番見えやすいカウンター中央の席でいただくことに。
“高まる期待” “少し緊張”
まずはつまみから。
センスの良い器に、次々とテンポ良くネタが盛られていきます。大トロ・あぶり秋刀魚・数の子・カレイなど、どれも極上 うまい!!
御主人の素材へのこだわりをまず感じました。
器もこだわっておられて、作家物ばかりです。
骨董の器も使われており、器も楽しめます。
御主人は見た目はがんこそうで話かけずらそうですが、そうではありません。笑顔で色々話がはずみます。
お酒もちょっと進んできたところで、漬物・煮物などちょっとしたつまみで飽きさせない気配りがうれしくて、更に酒が進みます。
私が一番好きなネタは“穴子”。やわらかすぎず、ちょうど良い煮加減で穴子のうま味たっぷりです。
そして冬はやっぱり脂のりのりの鯖のあぶり最高です。
いよいよメインのにぎりです。鮨種と酢飯のバランスが良く、そして美しくにぎられた鮨はふわっと幸せを感じさせてくれます。
御主人の鮨人生を感じさせてくれる店です。
ぜひ幸せを感じに出かけてみては。(必ず予約を)

『竹寿司』 ◆地図
広島市佐伯区中央4丁目9-13
電話 082-923-2210
水曜日 定休日 (予約制)
五日市コイン通りよりデオデオ五日市店のすぐ近く。

2008年12月01日

第3回 『山人(さんと)』  ~主人の素材に対する情熱を感じる店~


料理人は丸刈り、カウンター越しのキッチン中央には炭火とおくどさん、昔なつかしい風景。
炭火の上では、魚、肉、野菜がおいしそうに焼かれて隣のおくどさんでは、土鍋で米が炊かれている。
店主は素材にこだわる。産地まで足を運び、生産者に話を聞き、素材に対しての思いを聞く。そして、その思いを頭に描く。そして料理を造る。だから素材が生きてくる。そんな料理が口の中に入ると感動が口いっぱいに広がります。
私のおすすめはやはり炭火で焼いたり、あぶったりの魚、肉、野菜です。土鍋で炊いた合鴨農法米もおすすめです。ぜひ予約をして、席はカウンターで主人の山平さんとお話ししながら食事ができれば更に料理はおいしくなります。

『山人(さんと)』 ◆地図
広島市中区富士見町4-28 サンピアルネッサンス1F
電話 082-249-0366
営業時間
18:00~22:00 日曜日 休み
以前の紹介記事(地図等の紹介記事へのリンクあり)

第2回 『御料理 山茶花』  ~私にほんとうの日本料理を教えてくれた店~


今回は、私が10年間通い続けている、京風懐石の店、「山茶花(さざんか)」です。
今は、廿日市市津田にありますが、4年前までは広電山陽女子大前に店がありました。今でも最初に山茶花の料理を食べたときの感動は忘れられません。
素材が生かされ、きれいに盛り付けられ、更にご主人の料理に対する愛情がプラスされ、ほんとうの日本料理に出逢えた感動です。
心づくしの料理を味わいながらゆったりとしたなごみの時を味わえる店です。
ご主人は毎朝5時に起きて、市場に駆けつけ、食材を自分の目で選び抜くことから始めます。ご主人の厳しい目と手で造られた料理は、ほんとうにおいしい。ご主人いわく「特別なことは何もない。手間ひまかけてするべきことはきちんとする」。笑顔で語ってくれました。
ご主人と奥さんの2人でされている小さなお店です。
日本の四季の恵みを味わいに『山茶花』へあなたもぜひ出かけてみては。

『御料理 山茶花』 ◆ 地図
廿日市市津田4029
電話 0829-72-2153

第1回 『店主一人で造るこだわりのパン屋』 上田製パン店 松庵 (2008.3)

国産小麦と天然酵母の安心、安全な無添加パン。
御主人の上田さんがこだわって一人で造っておられます。

こだわりの素材を紹介します。
私が学生時代学んだ北海道酪農学園大学がある、北海道江別市産小麦【はるゆたか】をはじめ、沖縄の塩【シママース】 、三温糖、木次乳業【山地酪農牛乳】、平地飼有精卵など、素材からこだわり、すべてのパンを上田さんが手造りで焼き上げておられます。
「当然うまい!」うまさの中に上田さんのパンに対する情熱とやさしさが詰まっています。

私が特に好きなパンは、クロワッサン、ベーグル、天然酵母食パン、旨みと香り最高です。
その他、種類は多くはありませんが、フランスパン、あんパン、カレーパン、メロンパン、焼き菓子などもあります。
御主人上田さんのやさしいパンのような顔に出逢いに出かけてみては。

『上田製パン店 松庵』 ◆ ホームページ ◆ 地図
広島市西区庚午南二丁目19-4  
電話 082-272-3248

■■■ただいま休業中■■■