◆ 旬菜 蔵 からのお知らせ

 「個室でゆったりお食事を」

自然が残る、廿日市郊外に蔵はあります。
自家農園、そして屋根には太陽光パネル。
お部屋はすべて個室で畳敷き。
地産地消の懐石料理、ゆったり個室でどうぞ。

お部屋の紹介ページへ

2020年03月12日

 蔵テイクアウト商品

◆『はつかいちご酢』 150ml 1,000円(税込)

廿日市産の苺を廿日市産の千日酢で漬けこみました。炭酸で割って「いちご酢ソーダ」、牛乳で割って「いちごミルク」、ジンと炭酸で割って「いちご酢ジン」、オリーブを少々「ドレッシング」に。

◆御予約。『鍋炊き穴子めし弁当』 1,950円(税込)

瀬戸内海、又は九州産の穴子と廿日市産の米で土鍋で炊き上げました。

2020年03月12日

 ▼ 3月のメニューができました


 

2020年03月12日

赤牛丼と赤牛ハンバーグ

100年続く「いまきん食堂」 -今村 聡- 熊本県阿蘇市 TEL 0967-32-0031

広島から5時間、大パノラマの絶景が広がる世界最大級のカルデラ。
この大自然の中で育つ「赤牛」を「赤牛丼」と「ハンバーグ」に。
広島の料亭で修業した店主。料理の腕は最高です。赤牛丼はフライパンでミディアムレアに焼き上げ、店主が独自に開発した赤牛丼のタレ。
この秘伝のタレを肉にからめ、ごはんの上に。さらに半熟玉子を。
やわらかく旨味たっぷりの赤牛の肉と半熟玉子、そして秘伝のタレが混ざり合い最高に旨い赤牛丼となります。
阿蘇の度重なる災害を乗り越えて生まれた「赤牛丼」。
行列は続き、2時間待ちもざらだそうです。宮島の「穴子めし」、阿蘇の「赤牛丼」日本を代表する「丼」になりました。

2020年02月11日

▼ 2月のメニューができました


 

2020年02月11日

藤原華苗 作品展

藤原華苗 作品展 -五日市- ボンジュールギャラリー
女性らしい華やかな器たちです。

2019年12月09日

蔵農園収穫中

菜の花、大根、里芋、ブロッコリー、ねぎ など、無農薬で元気に育っています。

2019年12月09日

▼ 12月のメニューができました


 

2019年12月09日

AKAI  -フランス料理-

AKAI  -フランス料理-
「素材が生きた一皿」 宮島口にオープン kenji@a-ka-i.com

2019年11月16日

広島いけばな代表作家展

「自然をいける 幽雅流 池田幽心」 -福屋八丁堀本店-

2019年11月16日